浜松市密着型
WEBマガジン

引佐町 竜ヶ岩洞

浜松LIFE 編集班

竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)は浜松市北区引佐町にある総延長1,000m(一般公開されているのは400m)にも及ぶ東海地方最大の鍾乳洞です。1983年のオープンから2005年には入洞者1000万人を達成し、現在では浜名湖周辺の観光拠点となっています。浜松市民でしたら一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。

話は前後してしまいますが、洞窟出口にある売店で真っ先に目に止まったこちらの漫画・・・あまりのレア感に即座に購入してしまいました。内容は竜ヶ岩洞を発掘した戸田貞夫氏の伝記を中心に、竜ヶ岩洞発掘にまつわる苦労や観光地化への工夫などが紹介されています。
実際に鍾乳洞を体験する前に読むのがおすすめなのですが、こちらの書籍、Amazonでも販売されておりませんので、事前に手に入れるのは難しいのかもしれません。浜松市内の書店に置かれていたりするのでしょうか・・・
今回はこちらの漫画を所々引用させていただきながら、竜ヶ岩洞をご紹介いたします。

竜ヶ岩洞発掘まで

引用/著者:小室勉、山本まさはる「竜ヶ岩洞物語」24頁より

もともと石灰石の採石場であった浜松市北区引佐町田畑にある竜ヶ石(りゅうがし)山では、すでに昭和初期には小さな鍾乳洞が見つかっていたそうです。その後採石場は閉鎖されるのですが、地主である戸田貞夫氏により、鍾乳洞を観光化して、荒れてしまった山を復活させ、且つ地域振興として活用できないかとの思いから1981年6月に鍾乳洞発掘が始まりました。

全長約400mの見学ルート。洞内は年間通して18度程度なので、どの季節でも快適に見学ができます。

喜びの窓

入口から少し入った所に「喜びの窓」と案内された場所があります。
発掘作業に加わった洞窟探検家の2人が手掘りで泥に埋もれながらついに新しいルートを発見します。落胆から一変して歓喜の場所に!

引用/著者:小室勉、山本まさはる「竜ヶ岩洞物語」124頁より

案内板参照

古くから、地元の人々や研究者が、タイマツやロウソクを手に、この地点まで探検に入ったと伝えられていました。しかし、ここから先は、小さな穴が開いているだけで、行き止まりと思われていました。

昭和56(1981)年10月、2人の洞窟探検家が、手掘りでこの難所を抜けることに成功し、その後「黄金の大滝」などの発見の糸口となりました。

戸田貞夫氏は、行き止まりを示す「恨みの窓」と思われていたこの小さな穴を抜け出た時の感激を記念して、この空間を「喜びの窓」と名付けました。

びょうぶ岩

身を細めながら斜めに切り立った岩盤の間をすり抜けて進みます。

黄金の大滝

実際の迫力が伝わっていない写真…

かすかな水音をたよりに発掘を続けると1981年12月ついに地底の大滝にたどり着きます。岩盤の隙間から落差約30mの滝があらわれます。(激しい水しぶきに注意!)これが地底にあるのがなんとも不思議な感覚です。

引用/著者:小室勉、山本まさはる「竜ヶ岩洞物語」146頁より

鳳凰の間

黄金の大滝と並んで有名なスポット。1cm育つのに100年かかると言われる鍾乳石。途方もない時間をかけて生き物のように形を変える鍾乳石はグロテスクな印象すら受けます。

引用/著者:小室勉、山本まさはる「竜ヶ岩洞物語」35頁より

洞内は見どころたくさん

見学ポイントは約50ヶ所。見学所要時間は30分程度です。(混雑時約45分※混雑時は洞内の写真撮影ができない場合がありますのでご注意ください)

ワニの岩

岩盤から水が一筋だけ流れ落ちる「天恵の泉」

鍾乳洞以外も見どころたくさん

コウモリのふれあい食事ショー

顔はリスっぽいフルーツコウモリ

洞窟入口で行われているコウモリショーをタイミングよく見ることができました。洞窟=コウモリのイメージがあるので、竜ヶ岩洞に生息していたコウモリ?と思ってしまいましたが、こちらのコウモリはルーセットフルーツコウモリという種類で海外から取り寄せたものだそうです。ふれあいお食事ショーですが、実際にふれあうのはスタッフの方だけです。

お土産・食事コーナーも充実

石関係のお土産多し

洞窟出口は売店コーナーになっていて、お土産の種類も大変豊富です。漫画「竜ヶ岩洞物語」もこちらで買えます。

コウモリおし

ロング麩菓子の「りゅうがし」はミルクキャラメル味

「静岡県のバスガイドさんが選ぶ、アイスクリームNo.1」マテリアさんのジェラート。一番人気の引佐牛乳を使用した「ホワイトクリーム」をいただきました。うまい!

岩石園

日本の様々な石が集められた「岩石園」岩石のできるまでがわかりやすく学べます。

君が代にうたわれている「さざれ石」も展示されています

入洞料金

区分 大人・高校生 中学生 小学生
個人 1,000 600 600
団体 一般 20名以上 700 500 500
学校 20名以上 高校生
500
400 300

竜ヶ岩洞&方広寺共通セット券がお得!

竜ヶ岩洞から車で5分の場所にある「方広寺」とのセット券も販売しています。大変お得なセット券ですので、是非合わせて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
※共通券は方広寺の受付窓口でも販売しています。

  大人・高校生 中学生・小学生
竜ヶ岩洞 1,000円 600円
方広寺 500円 200円
合計通常料金 1,500円 800円
共通セット券 1,150円 650円
竜ヶ岩洞基本情報
住所

静岡県浜松市北区引佐町田畑193

電話番号

053-543-0108

営業時間

9:00〜17:00(年中無休)

駐車場

無料(バス25台・乗用車500台)

竜ヶ岩洞へのアクセス

Googlemapが開きます。最適な順路でない場合があります。参考程度にご覧ください。

浜松いなさ北I.C. → 竜ヶ岩洞 浜松いなさI.C. → 竜ヶ岩洞 浜松西I.C. → 竜ヶ岩洞 三ヶ日I.C. → 竜ヶ岩洞
さいごに

観光鍾乳洞の多くは3年で物珍しさが薄れお客を呼べなくなってしまうそうです。そんな中で竜ヶ岩洞が1983年から続いている理由はこちらのページからわかった気がしました。

引用/著者:小室勉、山本まさはる「竜ヶ岩洞物語」199頁より

浜松LIFE 編集班

浜松LIFE編集部です。浜松市のものごとに実際に行って、見て、聞いて、ていねいにお届けします。

浜松市の事業者

PICK UP

おすすめの記事

RECOMMEND
記事がありません

今ご覧のこのホームページに連動掲載!

浜松市密着型の
ホームページを
無料でつくろう

詳しくはこちら